流山七福神めぐり

今週は梅雨の晴間18日(水)、隣街・流山市「流山七福神」を巡ってきた。3ヶ月ぶりの七福神めぐりでした。お寺や神社巡りは結構落ち着く、気分が良いもんだ!

画像

(写真上)成顕寺:弁財天石像に隣接して「七福神の宝船石像」があった。珍しい!

画像

画像

(写真上)清龍院のしだれ桜と寿老人石像:桜の季節にいつか行ってみたいが、樹齢400年の巨樹桜がしだれていた。元気いっぱいのみどり葉っぱが重く垂れ下がっていた。

画像

画像

(写真上)長流寺と恵比寿石像:恵比寿様は本当の釣り竿を持っていた。住職の趣味は釣りなのだろう?

画像

画像

(写真上)西栄寺と福禄寿尊様石像:境内に巨樹が数本残され、今は街道筋にあり住居が迫っている。きれいに整備され落ち着きがある、昔はきっと広大な寺院だったのだろう。

画像

(写真上)一茶双樹記念館:(再訪)小林一茶はみりん醸造創設の秋元社長と交遊し、生涯50回以上もここを訪れたようです。施設内をぐるりと見学してきた。

★今週は全米女子オープンゴルフ、現在7位で予選突破の横峰さくらを応援。

"流山七福神めぐり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント