「写真で綴る我が人生」(自分史)No.2

本日7月4日は「池江 璃花子」の誕生日。明日5日は大リーグ「大谷翔平」選手と私の誕生日(79回目)…知らない間?に随分年令を重ねたもの、自分で驚いている!…翌7月6日は尊敬していた先輩上司倉持さん(4年前逝去)の命日である。
♪今回は小学校入学~高校卒業(6~18歳)までを振返ります。

■(第1部)人生のスタート~現役時代
【第2章】小学校入学~高校卒業
(1948~1960・クラスメイトと学校生活)

【小学校】組合立長善小学校(昭和57年刊・長善小学校誌による)
昭和4年¥78.000円の巨費で完成。当時は長岡村(峰山町)と善王寺村(大宮町)、二つの町の児童が通う小学校だった。当時の生徒数規模は約200名。
IMG_4389.JPG▲本館(正面)…庭木植込みの円形車廻りと赤い瓦屋根の校舎は、当時例を見ないオシャレ新設計で、身分不相応な最先端を行く校舎…村長の決断だった!

IMG_4387.JPG▲校舎(中庭)…渡り廊下が見える積雪の中庭。
年中、野菜や花が植えられていた!

25格子天井の講堂.JPG▲講堂(兼体育館)…「格子天井張りの豪華壮麗な大講堂」…入学式・卒業式・学芸会・映画会等が開かれた講堂。
♪ドッジボールや卓球、跳び箱で遊んだ体育館にはピアノもあった。特にまた理科室の備品は、質量とも当時としては最先端をゆくものだった。

昭和15年堀清勝先生.JPG▲親父は教師(在籍:昭和3年~22年)だった…堀先生(前列中央)は、必ず週に2回のテストを実施することで有名!そしてまた、”昼食後に小説「里見八犬伝」と「塚原卜伝」を連日読んでくれて楽しみだった”…と伝。

28年小学校時代.JPG▲(右側)八幡神社の石段で、幼な馴染の学友と一緒(数少ないスナップ)
(左側)日方先生…10歳違いのお兄さんのような若かった(22歳)恩師。

28小学校卒業校舎.JPG▲卒業(昭和29年3月)記念スナップ…昭和23年に入学した我が同級生は58名。
学校唯一の2学級編成で「い組」29名、「ろ組」29名に分かれた。

28小学校卒業校門前.JPG▲校門前…恩師日方先生が受持った初めての教え子たちの記憶は格別だったらしい!全員の生年月日を終生記憶されていた(平成27年85歳ご逝去。残念・合掌)

29小学校同窓ハイク.JPG▲大江山…夫々、峰山中学校と大宮中学校に進学別れた級友たち…少年少女達は卒後2年(昭和31年)小学校時代を懐かしんでハイキング同窓会で旧交を温めた!

■その後の「長善小学校」(昭和57年刊・長善小学校誌による)
①昭和49年、大宮小学校が新設され、「組合立長善小学校」は解散となった
昭和49年長善小学校解散①.JPG▲「さよなら会」…昭和49年「長善小学校」解散式とお別れ会が開催された。
♪解散後学校は、は長岡区だけの単独校「長岡小学校」と改称して再出発…プールを新設して昭和57年まで存続し、村民心のふるさとは百年の歴史の幕を閉じた。

昭和49年長善小学校解散③.JPG▲校庭に植樹された「桜並木」の道…解散会のあと、善王寺へ帰途の児童(約120名)と「さよなら」(校庭の桜並木の記憶は、村民に強烈な印象を残した!)

hagoromo1長岡はごろも苑.png▲「はごろも苑」…「長岡小学校」は新校舎建設(昭和57年)と同時に廃校となり…跡地は老健施設が開設された後、平成27年に立派な総合老人福祉施設に生まれ変わった!(70年前と同じ…後ろの崖山が懐かしい!)

②(昭和57年)新校舎「峰山町立長岡小学校」竣工
IMG_4388.JPG▲新校舎竣工…新しい土地に7億円の巨費をかけて建設…児童数60名(1学年平均10名)長岡村児童だけの学校となった。
♪平成12年にはグラウンドにナイター照明設備も完成したらしい!

③(平成3年)37年ぶりの小学校同窓会に初参加した!
49小学校クラス会.JPG▲37年ぶり50歳の同窓会…7~8年ごとに地元で開催されていた同窓会…遠くだった私は不義理ばかりしていたが、卒業後37年ぶりに初参加、一気に少年時代に戻る…恩師や級友との懐かしい対面となった(峰山町・料亭「藤よし」)

④(平成3年)恩師の退職記念
50田中先生退職祝い返礼書簡.JPG▲恩師へ退職記念品贈呈…(返信礼状)「感謝、感激」…と、涙を流しながらご退職慰労の手紙を読んで頂いたらしい!(毛筆で書かれた驚くべき達筆!)
♪なぜそんなに感激されたのか?何と便りしたのか忘れてしまった。


■生まれふるさと・小学生時代の想い出…平成23年(70歳)帰省時に撮影
♪うさぎ追いし かの山 小鮒釣りし かの川 夢は今も めぐりて、 忘れがたきふるさと・・・・雨に風に つけても思い出ずる 故郷♪~♪…集落一周!
70長岡通学路.JPG▲皆勤賞で6年間通った通学路…300mなのに→当時は1000m超の距離だった記憶。ワイワイがやがや、道草ばかりの帰宅だった。

家族70母の実家裏庭.JPG▲母の実家裏庭…祖母や叔母ちゃんや従兄の家に、自分の家みたいに行き来した。丘上にあるお墓参りの拠点でもあった。祖母には小川で獲った「どじょう百匹超」をバケツ入りで贈呈、お年玉をもらうのが楽しみだった!

家族70棒残し三丁目.JPG▲水遊びや魚つかみした小川、セミ獲り・柿獲りしたエリア(三番区)…何故かこの辺は「ぼうのこし」と呼ばれた!…あるお姫様が逃げる際に杖の「棒を残し」て去ったとか?


【中学校】町立峰山中学校
■現在の生徒数337名/合計11学級。教員数29名(男性13+女性16)
※昭和29年入学、当時は1学年6学級。2年生時、新聞部に在籍した!
♪約3km約30分の徒歩通学…冬季、凍った田んぼ上を直線的に歩いた記憶!
31寺西先生臨海.JPG▲生徒会役員(昭和31年夏の臨海宿泊)…久美浜海水浴場近くの寺西顧問先生宅へ、1泊招待して頂いた懐かしい想い出!(谷垣・菊岡・高田各君、東・五十嵐・乃一女史と先生のお孫さん一家)海水浴後、皆で五右衛門風呂に入浴した!

31生徒会新年会.JPG▲生徒会新年会(昭和32年正月)…親友平尾君のお母さんが経営していた洋裁学校の大広間で、すき焼きの新年会を開いた懐かしい想い出が残っている!
(平尾・魚住・足立君、東・小国女史と邸宅庭園にて)
★1平尾君は「丹後ちりめん」の総元締め「㈱吉村商店(1830年創業の老舗)」経営の一翼を担い続け、現在も元気に顧問格で後輩指導の様子。
★2魚住君は①61歳で裁判官を退任し、京大大学院教授在任中に平成16年3月逝去(62歳)した。②担当したエイズウイルス(HIV)感染の訴訟裁判で異例の「裁判長談話」を発表し、提訴から7年を経て和解を成立させた。

31中学卒業記念.JPG▲(生徒会)卒業記念…役員勢ぞろいで中学校校舎前…懐かし過ぎる面々だ!

★中学生のころの想い出
①兄弟3人揃ってのアルバイト、通学前早朝の「新聞配達」を思い出した!
②当時の愛読書は、少年漫画月刊雑誌「少年画報」だった。”10大付録付き”とかあった…今、復刻版が¥5000~¥10.000でオークションされてるらしい!
③好きなスポーツは野球の他、卓球とバスケットボールだった。
64八幡神社本殿入り口の石階段.jpg▲八幡神社本殿へ入り口の石階段…村の青年会活動が寂しくなりかけた時代…村の中学生を集めて”むら起し”「夏祭り夜の少年露店」を出店企画…親たちも応援してくれて、アイスキャンデーを中心にお菓子の仕入れ販売した想い出!

64長岡の農業用水の溜池.jpg▲農業用水の溜池(八幡神社の隣)…「アメリカザリガニ」や大きな「カラス貝」を取り放題…満水時には、お手軽遊泳や魚釣り(フナ中心)を楽しんだ!

70家の田んぼ.JPG▲我が家の田んぼ道…祖母が運ぶ荷車を引っ張って、通学前のお手伝いした!


【高等学校】府立峰山高等学校
♪田植えや稲刈りなど農作業手伝いしながら、大学入試にチャレンジした3年間。
■昭和32年入学、当時は普通科の他、機械科・化学科の他、紡織科・染色科(丹後ちりめんの本場)等があった。今は「普通科」と「機械創造科」のみ。
※20分かけて約4kmの自転車通学…3年生時に英会話(ECC)同好会に所属した!
32高校入学校舎.JPG▲校舎(当時)…著名な学校出身は何といっても「野村克也プロ野球監督」…昭和35年秋、野村克也捕手は杉浦忠投手を連れての学校訪問…全校挙げての大騒ぎだった!俳優(元アイドル歌手)の「太川陽介」も著名。

34六甲山修学旅行.JPG▲修学旅行(六甲山?)…殆んど大学進学した級友たち…関西方面の観光だったが想い出は少ない!

34高校文化祭.JPG▲文化祭…我がクラスの出し物は「皇太子殿下成婚パレード」
♪吹奏楽隊(笛)を担当した私…皇太子役にはなれなかった!

■谷垣雄三医師(中・高校級友)が「読売国際協力賞」受賞
平成21年、読売新聞社社長から賞状と副賞500万円が贈られた。
趣味健康2111谷垣表彰式ブログ.JPG▲谷垣医師は二ジュール国で、1992年に自費で118ベッドの病院を建設…貧しい人々にお金のかからない医療を目指して年間1000件を超える手術を行なう。
♪同伴の静子夫人は現地で風土病にて逝去。まさに現代の「野口英生」の生き様に喝采(出席した授与式は、支援者300名を超える盛大な祝賀会だった)

■NHKテレビ「野村克也・こころの遺伝子」
野村克也の恩師清水義一先生は”野球技術の前に人間を磨きなさい”と諭した
64野村の遺伝子.JPG▲清水僧侶先生は私の担任…就職活動でもお世話になった頑固一徹先生を懐かしく拝見した。野村が三冠王を獲得した昭和48年に、67歳で逝去されたとあった。

■故郷「長岡村」の現在人口状況等統計
70長岡村集落.jpg▲.①人口:1362人(世帯数485)  ②単身世帯:98戸、ファミリー162戸 
③(住居別)1戸建て383、世帯集合住宅95、事務所92
④(年収別)~400万:298戸、400~1000万:163戸、1000万以上:17戸

70従兄の田んぼ.JPG▲従兄の田畑(向こうの建物は、元小学校跡の老人福祉施設)
60年前は全て手作業による稲作農業…母の実家と田植えや稲刈りの共同作業は従兄両家の絆を深めた!

■卒業記念(丹後大震災記念館前)…友人の男子大半は大学へ進学した
34震災記念館前35年.JPG▲就職先を確保しての国立大学入試チャレンジを失敗(残念)した我輩!…浪人は許されず京都市内への就職が確定、人生の岐路に立った18歳の瞬間であった。
♪弟一人を田舎に残して、就職列車の転居…2歳上の兄が住む京都市内のアパートに居候同居して、新社会人の生活がスタートした。

(★次回はNo.3【第3章】就職~独身時代(青春時代)へ続く)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

島の爺さん
2020年07月04日 14:12
先ず先週のブログに、コメント無しとなってお許しを乞う、
いよいよ本格的な「自分史」の小学校~高校性時代と展開して社会人生活の
スタートとなった。
写真の細部に心と追憶と感慨に、感動と懐かしさが伴って熱いものが湧き出る
自分の子供の頃と重ねあって、人生の過ぎた日々を思い出し懐かしさで一杯だ
長岡村の分裂の際にはそれぞれの地区の人々は本当に苦しい選択を迫られたと
聞く、懐かしい小道や小川、昔の家のたたづまい,来週に大きな期待を込めて...
さすがブログさん、実力発揮、有難う。
太子堂
2020年07月05日 18:12
今週も内容の濃いブログで懐かしく拝見しました、10年ちょっと過ごした故郷を思い出させてくれました、今の歳になっても強烈に残ってますね、で、それを集約記事にする事が凄いです
、次回も楽しみにしてます