リタイア後の悠々スローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉の城下町「関宿」と関宿城下を歩こう

<<   作成日時 : 2018/03/17 12:19   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

千葉県西北端「関宿の街」…江戸時代に家康の異父弟・松平康元を藩祖とする関宿藩、幕府の要職にある大名が配置された。近代にかけて利根川水運の中継地として栄え、高瀬船や通運丸が往来してにぎわった…と「千葉の城下町・関宿」テレビ放映を見て再訪問。

★関宿城博物館で入手した「関宿城下を歩こう」パンフレット案内に沿っての歴史探索は面白かった。
画像
 ちばテレビ「千葉の城下町・関宿」…関宿の偉人は、鈴木貫太郎総理大臣、将棋第13世名人の関根金次郎、治水家の船橋隋庵。
画像
 「関宿」は三大水系の交差点…利根川は群馬県北部から関東平野を通って、千葉県銚子河口の太平洋へ全長322kmで、流域面積が日本最大の河川。
画像
関宿城(博物館)…利根川と江戸川に挟まれたスーパー堤防上に建設され、川の歴史と関宿藩の文化を探る博物館として平成7年に開館。かっての関宿城を模した天守閣が再現され、展望室からは関東一円が眺望できる。
画像
 博物館のエントランスホール…カッパのマスコットがお出迎え!関宿城下模型やジオラマが設置されている
 
天守閣部最上階の展望室
利根川のや江戸川の流れ、筑波山、日光連山、富士山など関東一円の山並みを遠望できる。
画像
       @東方向…利根川方面の眺望

画像
       A南方向…江戸川方面の眺望

画像
       B西方向…富士山や日光連山方面の眺望


画像
 河岸「川の湊」賑わい模型…河川交通の発達に伴い、「川の港町」が発達・繁栄した。

画像
 中の島公園…昭和初期に江戸川改修に伴い水閘門脇に造られた公園。江戸川の治水工事に関連した歴史遺産やこぶしの古木がある。

画像
 こぶし古木越しに見る関宿城…今月末〜4月初めに満開する白い花「コブシ」は大人気。
画像
 ★「満開の関宿こぶし」は関東一の大きさです(写真は平成23年4月に撮影したもの)

画像
 関宿水閘門…水門と閘門を併設した施設で、昭和2年建設。閘門は上下の門を開閉して利根川と江戸川の水量を調節し、船舶の航行を助ける。

画像
 浚渫船(屋外展示)…川底にたまった土砂を取り除く浚渫作業に、浚渫船が活躍した。

画像
 「高瀬船」大型模型…長さ30mの大型川船は米1300俵を運ぶことができ、江戸時代利根川水運の主役だった。

画像
 関宿城本丸跡(城址碑)…徳川家康は自分の弟である松平康元に関宿藩を治めさせた。関宿藩の久世氏は4人の老中を輩出した。

画像
 関宿城本丸跡から見た天守閣…江戸城富士見櫓を模して造られた三階櫓

画像
 外堀・土塁跡…ここは大手門があった場所。30年前の発掘調査で、土塁の幅が8mあったことが確認された…と。

画像
 関宿関所跡石碑…ここ川の分流点に関所を設け、通行人や船荷改めが行われた。
画像
 「川の関所」模型…幕府は江戸y治安のため、船の積荷や人改めを行った。江戸川流頭部の棒出し施設上に置かれ、関宿藩が川関所として管理した。

画像
 「関宿の棒出し」模型…洪水防止のため、両岸から突き出した一対の堤防を築き、利根川、逆川、江戸川に流れ込む水量調節をした。昭和2年「関宿水閘門」の設置に伴い昭和4年に撤去された。


画像
 武家屋敷エリアの「鍵の十字路」…敵の城郭への直進妨害目的で、筋違い状に交わる変則の十字路が今でも残っている。
★この辺に家老や城代など要職者の屋敷や武家屋敷があった。子息は藩校「教倫館」で学んでいた…と。


画像
 隋庵堀…利根川につながる総延長20kmに及ぶ川が造られた。現在も用水路として利用されている
画像
 隋庵堀の碑…船橋隋庵は江戸時代末期の治水家、関宿藩家臣で家老を勤めた。城下の治水や農政事業を推進した功績をたたえ、今も残る隋庵堀の脇に石碑が建立された。


画像
 鬼門除け稲荷…関宿城の鬼門の方角(北東)に建立、今は貧相な姿ながら趣がある。


★関宿藩由来の寺院
@福寿院
画像
 境内本堂…旧関宿藩の祈願寺

A実相寺…1409年創建の日蓮宗寺院で、歴代藩主・久世家の菩提寺。
画像
 山門(中雀門)と鐘楼堂…関宿城内の建物が移築された。
画像
 鈴木貫太郎(内閣総理大臣)の墓…貫太郎の他、関宿藩士の墓がある。

B宗英寺…初代藩主の松平康元が1596年創建。
画像
 境内本堂…康元の墓や治水家・船橋隋庵の墓もある。

C昌福寺
画像
 山門…828年創建、関宿城主の祈願所
画像
 不動堂…周囲を飾る木彫りは一見の価値あり…と。

D光岳寺…家康の生母(於大の方)の菩提所として創建。
画像
 境内本堂…松平康元(家康の異父弟)が初代関宿城主になった時1590年建立。

画像
 延命子育地蔵尊…於大の方を偲んで康元が建立した。

画像
 境内に展示の木造船…洪水のとき、この船で避難したらしい。


鈴木貫太郎記念館
画像
 郷土が生んだ内閣総理大臣をたたえ、その功績や遺品を展示・紹介している。


画像
 ちば見聞録「千葉の城下町・関宿」…ぜひお越しください…と

★急にすっかり「春らしく」なってきた。もうすぐ「桜が開花!」…来週は「ぐんま三大梅林」を観賞散策予定。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
漸く春が身近に感じられる季節となりました
醜い政治の世界を連日見せられて嫌ですね...
パラリンピック不自由な身体を鍛えて日本のメタルも
多く頑張っています、
今日は朝から歯医者通い入れ歯が抜けた、しかしながら
総入れ歯で無いのが自慢かな..自分の歯の歯茎を活かした
歯がかなり残っていることは嬉しい、
サクラ開花の便りもチラホラ良い季節の到来です、
さしあたりブログさんは、「ゴルフ」の段取りかな..
丹後も雪は無くなって彼も安息の地を得たと思う、
島の悠さん
2018/03/17 14:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
千葉の城下町「関宿」と関宿城下を歩こう リタイア後の悠々スローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる