リタイア後の悠々スローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「千葉ポートパーク」と「坂田城跡梅まつり」と「海の駅九十九里」

<<   作成日時 : 2018/03/10 12:20   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

千葉港の「千葉ポートパーク」には県立美術館と千葉ポートタワーがある。久しぶりに散策してきた。
★千葉港は東京湾の一番奥に位置し、日本一広い港湾区域を持っており、輸出完成自動車を中心として全国第二位の取扱貨物量を誇っている。


県立美術館…地元出身の洋画家浅井忠の作品を常設展示、他に北詰コレクション「メタルアートの世界」展や「鋳造の新世界」展が開かれていた。
画像
 県立美術館の全景空撮…昭和49年開館、平屋建ての全8室、館の庭に常設野外彫刻がたくさん展示されている。

画像
 正門エントランス…印西市「メタルアートミュージアム・光の谷」館の閉鎖に伴い365点がここに寄贈された。

画像
 館の入り口にある「浅井忠先生」のブロンズ肖像彫刻:千葉県ゆかりの近代洋画家で、この人の作品が200点もある…と。
画像
       西門エントランス
画像
       西門の入り口にある「海」像…高さ3mもある石彫刻。


画像
       メタルアート展開催中…館内作品の「撮影」は禁止だった。


庭園内の彫刻たち
画像
 「銃後工場の護り」ブロンズ像…「ブロンズ」とは、10円玉と同じく、銅とスズ等との合金。

画像
 「草枕の旅」石彫刻像…何の動物だろう?ユーモラスなお目目の右側、凶暴そうな左側の動物。

画像
 「リラックス」石彫刻像…緻密で硬く風化に強い「御影石」で作られている…と。


画像
 「白いポエジー」FRP像…広い裏庭に一対の抽象彫刻、贅沢スペースに白く輝いていた。

画像
        「憩い」石彫刻像…幸せな家族3人の穏やかなひととき。

画像
        「帰雲・春」石彫刻像…これは何だろう?



「千葉ポートタワー」
昭和61年に、千葉県民500万人突破を記念し、国際港千葉港シンボルとして建設された。
★地上113m、晴れた日には富士山や筑波山、都心高層ビル群なども見えるらしい。

画像
 天空にそびえる展望タワー…1階には「ちば観光物産館」がある。8月には千葉市民花火大会がある。年末には壁面に、高さ100m×幅30mの巨大クリスマスツリーのイルミネーションが現れる…という。

画像
       (東)房総半島方面…千葉県庁やJR千葉駅がある。

画像
 (西)東京湾・横浜方面…千葉港が広がる。富士山や羽田空港、東京スカイツリーが見える日もあり。
★海岸線の延長133kmの湊。港内には石油コンビナート、製鉄所、LNG基地など大規模施設が集まっている。

画像
 (南)方面…対岸にJFE東日本製鉄所、手前にコンテナーターミナル(コンテナ運搬船が往来)。東京湾アクアラインが見えるときもあるらしい。

画像
 (北)千葉市街地方面…筑波山や千葉市役所、千葉モノレール、成田空港。

画像
       千葉市内は全国的に珍しい「モノレール電車」が走っている。


千葉市ゆかりの家「いなげ」
画像
 正門…中国清朝のラストエンペラー愛新覚羅の実弟である溥傑夫妻が新婚時代に居を構えた。

画像
 庭園邸宅@…築100年の和風別荘建築、何ともいえない「風情」の家。
画像
        庭園邸宅A


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「印旛のお米・ミルキークイーン」買出しを兼ねて、6日(火)家内と一緒に「坂田城跡の梅まつり」散策と「海の駅九十九里」ショッピングにでかけた…散歩8000歩、車総走行距離120km。

「坂田城跡の梅まつり」…室町時代に千葉一族が築城した坂田城は、県内屈指の戦国時代城郭遺跡…今はそこに、梅園や梨園広がる。
画像
 梅まつり会場の散策地図…千葉県内では最大級の梅林…ばあちゃんの手作り食品欲しさで、3年ぶりに再訪問した。
画像
 第二会場の梅園遠景…樹齢50年の巨木が、約1.000本あるという。

画像
        「梅まつり」のぼり旗

画像
        白梅の梅林に紅梅の存在感

画像
        老大樹

画像
        白梅に接木の紅梅…珍しい。白と赤の花が入り混じっている。

画像
 地元ばあちゃんの梅農家売店…梅干、梅ジャム、シソの実漬け、唐辛子味噌など90歳ばあちゃん手作りの品は人気抜群…爆買いしてきた。



「海の駅九十九里」…58kmもつながる九十九里浜は、江戸時代からいわし漁獲高日本一としてイワシ漁で賑わいました。干鰯や農作物肥料として全国的に取引され「いわし文化」の発祥地となった。
画像
 直売物産店…2015年オープン。地元魚介類や特産品の直売、九十九里グルメ食堂で「さしみ舟盛りランチ」を食した。この中に「いわし資料館」が併設されている。

画像
 いわし資料館の館内展示…「万祝(まいわい)船」模型やイワシ漁に関する史料を展示。いわしと人々の暮らしの歴史を紹介。★平成16年以来事故休館していた「九十九里いわし博物館」(世界唯一)が平成27年復活オープンした。

画像
 いわし水族館…大きな水槽内で、3.000匹もいるというイワシが元気に回遊していた。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
8000歩の散策は羨ましい限り...
国際的にも、国内的にも大変動の今週、此のブログでは
書けないが、特に政治の世界の醜さが身に沁み,憤慨..
この歳になって心も丸くなって容認の人格を..と思うが
正義感が駆け巡る、観察をし考え心に訴える、ボケには
ならないぞ! 何が言いたいか? 想像してお許しを..
島の悠さん
2018/03/10 13:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
「千葉ポートパーク」と「坂田城跡梅まつり」と「海の駅九十九里」 リタイア後の悠々スローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる