リタイア後の悠々スローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 運転免許の「認知機能検査と高齢者講習」体験レポート

<<   作成日時 : 2018/02/24 12:19   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

「運転免許の認知機能検査」を受ける破目となりました。近年の「認知症高齢者」による交通事故多発を受け、昨年「道交法改正」されて削減防止の対策ルールが新設されていました。

@ある日「臨時認知機能検査」通知を受けました→受検を拒否すると、「運転免許の停止処分」を受けます。
A記憶力検査により、あなたは「記憶力・判断力が少し低くなっています」…と判定されました。
B判定により「臨時高齢者講習」受ける破目となりました→受検を拒否すると、「運転免許の停止処分」を受けます。 →親切な「臨時高齢者講習」を受講終了し、これで全て「無罪放免」となりました。


いんざい自動車学校…「臨時認知機能検査」会場
画像
 近所の自動車学校…ここで「臨時認知機能検査」を受検しました。受検料は¥650。16個のイラストの中から記憶しているものを回答する検査…私の総合得点72点は「A判定」に4点不足でした。

画像
 認知機能検査結果…あなたは「記憶力・判断力が少し低くなっています」…と結果判定され後日、「臨時高齢者講習」受講の通知を受けました。


千葉県(幕張)運転免許センター…「臨時高齢者講習」会場…自宅から約1.5時間半の遠い場所
画像
 運転免許センター:「臨時高齢者講習」受講のため、免許取得の時以来50年ぶりの訪問。講習料は¥5.650でした。運転免許の元締めなので、毎日1.000人以上の来場者、土日は3.000人位の来場者があるそうです。

画像
 講習を受けた運転コース…今は、自動車学校卒業を経ないで受検する「一発テスト」のための千葉県内唯一の「試験コース」だそうです。初回での一発合格は皆無に等しく、3〜5回受検での合格が標準の様子でした。

画像
 幕張の街並み…今は「幕張新都心」の雰囲気、免許センターの周辺は東京のベッドタウンとしても発展しています。

画像
 最寄の幕張本郷駅…JRと京成電鉄の共通駅で、一日の乗降人員44.000人とのこと。

画像
 運転免許センター行き「珍しい2両連結の大型バス」…全長18m、こんなバスは初めて乗った。
画像
       バスの車内…丸で電車の車内

★道交法の改正により、後期高齢者が交通違反をすると、「認知機能検査」を受ける破目になり、結構面倒な手続きが必要になります。
★「一旦停止」箇所では、2〜3秒の明確な停止が必要です…「減速」ではアウト…「言い訳」は通用しませんので、特に75歳以上様にはご注意申し上げます。



東武鉄道・野田線(愛称:東武アーバンパークライン…大宮〜柏〜船橋を結ぶ路線(62.7km;35駅)
★(幕張)運転免許センターからの帰路は「東武鉄道:船橋駅〜柏駅」を利用…初めて乗る電車からの線路景観と「駅舎」は大変新鮮でした。

          ★今回は、始発「船橋駅」〜終点「柏駅」=全12駅約30分を乗車。
画像
 東武線への乗換:(始発)東武「船橋駅」(一日の乗降客115.000人)…名前「船橋」の由来は、日本武尊が大洪水で行けなかった川を、「舟を橋のように並べて渡った」=舟の橋=船橋となった…と。

画像
       最後尾に乗車〜わくわく!

画像
       すれ違い電車@

画像
 ホームに到着「鎌ヶ谷駅」(一日の乗降人員22.700人)…高架の立派な駅舎。「蒲(かま)」や「茅(かや)」が多く生い茂った湿地帯だった=かまかや=鎌ヶ谷となった…と。「日本ハム」の2軍本拠地がある。

画像
       すれ違い電車A

画像
 ホームに到着「高柳駅」…豪族・高柳氏の居住地で、戦国時代は高柳城だった…と。

画像
       すれ違い電車B

画像
       線路〜逆井駅

画像
 ホームに到着「逆井駅」(一日の乗降人員14.400人)…井戸を逆さにしたように水がよく湧き出る場所だった…と。


画像
       すれ違い電車C

画像
       電車の車内

画像
 ホームに到着「増井駅」(一日の乗降人員13.200人)…弥生時代の宮根遺跡がある。11の村が一緒になった「土村」は純農村地帯だった…と。

画像
       線路〜新柏駅

画像
 ホームに到着「新柏駅」(一日の乗降人員20.100人)…首都近郊都市として住環境が良好で発展している。

画像
       駅前に高層マンション群が目立つ

画像
      線路〜柏駅(一日の乗降人員145.000人)へ間もなく到着。

画像
 柏駅での乗り換え線路…「柏駅」の由来=江戸時代、手賀沼周辺の中心地として繁栄し、「河岸場(かしば)」と呼ばれ「かしば→かしわ」となった。「柏」の木も多かった…と。

画像
 (終点)柏駅に到着…”この電車の終点「柏駅」です。東武鉄道をご利用いただきましてありがとうございました。大宮方面へは★番線で乗り換えです”のアナウンス。

画像
 改札出口:東武野田線〜JR柏駅乗換え

画像
       柏駅前の商店ビル街

★本日は非日常…なかなかの「貴重な生活体験」でした。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
高齢者の事故は事実増加しているとは思うが車が必要な人には
生活の質にかかわる大切なものだ!
小生も昨年85歳を機に免許返納をした、何と寂しい事ょ..
行動が制限される、増して足が衰えていると尚更閉じこもり..
ブログさんはまだ若い者には負けない、思考力と体力を持つ
慎重に注意力を発揮して、運転する事で認知機能も確保できる
自動車を無くしたらその後の生活は寂しいものです、実感!
オリンピックも終わりに、昨晩のカーリング韓国戦残念なり
メタルの数も新記録、記憶に残る大会だった、次回も見る事が
出来るだろうか?四年後は90歳になるプロ野球のオープン戦が
始まる、柏新駅の次が柏駅だった、迎えてもらったあの日から
20年の歳月、の去り往くのが早い! 総仕上げを急がなくては..
春はもうすぐ其処まで来ています..ともに元気で..
島の悠さん
2018/02/24 14:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
運転免許の「認知機能検査と高齢者講習」体験レポート リタイア後の悠々スローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる