リタイア後の悠々スローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「房総の将門伝説」ゆかりの近隣地を歴史散策

<<   作成日時 : 2017/05/27 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

平将門伝説・・・坂東の豪族、天下を揺るがす。わずかな期間で関東八カ国を制し、都の帝に反抗した。・・・関東最強の守護神・・・歴史上最大の叛逆者・・・等々呼ばれている。  テレビで紹介された近隣「将門ゆかりの地」を訪ねてきた。

下総国や常陸の国に広がった平氏一族の抗争に端を発し、将門は関東諸国を巻き込む争いへと進んだ。朱雀天皇に対抗して「新皇」を自称し、東国の独立を標榜したが朝敵とみなされ「承平天慶の乱」により討伐された。
画像
       「房総の将門伝説」(テレビタイトル・千葉見聞録)

画像
       将門の怨霊・・・6月17日「将門フォーラム」が開催される。

画像
 怨霊伝説の将門像画:武士発生の起源とも言われてる・・将門はいつまでも英雄です・・940年没。


将門神社と将門の井戸(我孫子市)
画像
 将門神社:昨年秋に拝殿が建立された・・・数年前訪問時は荒れ放題の林だった。

画像
       小さな石造りの祠・・・国賊とされた将門はひっそりと祀られてきた。

画像
   将門の井戸(入口)・・・将門が幼少期を過ごした場所、地元有志が作成の看板。

画像
 将門の井戸(窪地)・・将門が開いたと伝承の井戸の跡、今は窪地となり、水は枯れている。



日秀観音堂 将門神社から500mの近くにある。
将門が武運長久を祈願した菩薩を祀り、所願成就のご利益がある。
画像
       観音堂:将門の守り本尊が祀られている。

画像
 首曲がり地蔵:道路を向いて立ち、少し首をかしげている。反将門の成田山を嫌い、成田に顔を背けた姿・・・この辺の地元の人は成田山には詣でないという・・・・と。




画像
 将門ゆかりの国王神社(茨城県坂東市):戦闘中に飛んできた矢に当たって死んだ将門終焉の地。将門は怖い反面弱気を助け強きをくじく権力の象徴として今生きている・・・・ここに将門の3女が草庵を築き、父の冥福を祈った。

画像
 将門ゆかりの延命院・将門の胴塚:国王神社から4km、死んだ将門の胴体を弟がここに運び、密かに葬った。あなたは今、私たちに何を語りかけているのでしょうか?

画像
 将門ゆかりの龍禅寺三仏堂(茨木県取手市)・・・釈迦・弥陀・弥勒の3仏坐像を安置している。将門が龍禅寺で武運長久の祈願を行い、この「三仏堂」を924年創立との伝承。


将門ゆかりの不知森(しらずのもり)神社祠(千葉県市川市)
画像
 古くから「禁足地」・・・足を踏み入れると二度と出られなくなる・・神隠しの伝承があった。
伝承由来の一つに、「将門の墓所説」がある・・・将門の怨念がこの一画に宿っているパワースポット。



葺不合(ふきあえず)神社 我孫子市
マイナーな神社だが、雰囲気のある何か楽しい感じがする雰囲気のある神社だった。
画像
        一の鳥居

画像
 境内参道を降りてゆく・・・参拝者は一人も居ない・・・良い感じ。左側に弁天池がある様子。

画像
   二の鳥居・・・谷底のような地形に、大銀杏の樹が二本・・・銀杏拾いに好適。

画像
      拝殿:社殿は元々弁天社だった・・「天満宮」の扁額があり弁天様も祀っている。

画像
 本殿:裏手に回ると一段高い所に本殿がある。立派な彫刻を守るために柵や覆屋に防護されていた。

画像
 「八岐の蛇退治」の彫刻・・・小さな社殿ながら「天岩戸」像など、社屋の四方全体に見事な装飾彫刻が施されている。

画像
       境内では・・・・6月にアジサイ、9月にヒガンバナが咲く。




延命地蔵堂(我孫子市)・・・地蔵院は明治6年廃寺となったが、地元信徒により護持されている。
画像
       地蔵院本堂と大師堂・・・地域青年館の広場に保存されている。

画像
 千体地蔵:23cmの木造地蔵菩薩が1227体奉納され、総ガラス張りの中が外から拝められる。



新緑浴散歩 手賀の丘公園 柏市・手賀沼に近接、一周約5.000歩・・・ひとり散歩に最適!
画像
       公園エントランス:正面建物は「どんぐりの家」

画像
       バーベキュー広場

画像
       桜の森エリアは・・・新緑真っ只中。

画像
       あずまや休憩所・・・公園全体が「森」

画像
       あやめ池・・・もうすぐ花が咲く

画像
       きのこのの家(あずまや)

画像
       恐竜に出合った・・昔手賀沼に住んでいた。

画像
       アスレチックコース:24基もある。



  大好物★★★★★ 紀州産の実さんしょ購入 ★★★★★
画像
 数十年来の大好物・・今年も2kgを購入した。冷凍保存で1年間は品質保存でき、我が家の必需品。@つくだ煮 Aちりめん山椒 Bさんしょ昆布・・朝ごはんやおにぎり・・ご飯と一緒に食べるのが一番おいしい。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
平の将門は地元では偉い人だった..?
ブログさん家も「山椒の実」が必需品らしい...
昨日、生誕した丹後に..諺に、弁当忘れても傘を忘れるな..
その通り山陰に入ると、天気で太陽に照らされていた空が暗く
雲が垂れ落ちて、小雨模様となる、日本海地方と太平洋とでは
これほどハッキリしているのかと、体験し思い知った、
行動の目的を果たして、小雨の中を帰路に就く福知山を過ぎた
頃から、快晴となる。走行距離は400`の丹後訪問の一日だった
京都縦貫道路が丹後大宮まで通じている、名神京都の大山崎から
通じている、高齢者の運転の模範の様なドライブの一日だった。
一応安心して安堵の一日だった...
島の悠さん
2017/05/27 15:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
「房総の将門伝説」ゆかりの近隣地を歴史散策 リタイア後の悠々スローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる