リタイア後の悠々スローライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「印旛沼ものがたり」

<<   作成日時 : 2017/03/11 14:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

7日(火)「農家が食べる米・ミルキークイーン」買出しの帰路、印旛沼周辺を一周してきた。千葉TV放映の「ちば見聞録:印旛沼ものがたり」に沿ってのサイクリング。かっての印旛村を偲んだ歴史散歩だった。
印旛沼は昭和30年代から、定置網漁猟や稲作農業などが盛りとなり、周辺住民の暮らしを支えてきた。
画像
 印旛沼は江戸時代、遊水地・利根川のバイパスとなり、利根川の氾濫のたびに利根川の水が印旛沼に逆流し、多大な洪水被害を引き起こす沼「あばれ川」となった。
洪水対策の工事も行われたが、昭和16年の大洪水など度々の大洪水被害に遭遇。昭和35年「印旛水門」完成と昭和44年印旛沼干拓事業が完成してやっと洪水被害の終息を迎えた・・・・と。

画像
 「木下貝塚」(国の天然記念物):印旛沼は大昔、「古鬼怒湾の内海」として「香取の海」の入江だった。12〜13万年前の地層が残され、海だった痕跡がここに見られる。隣町の印西市にある。

画像
 富士山が見える印旛沼(テレビ画面より)・・・・昔はシジミやカラス貝がいっぱいとれました・・・水際まできれいな水草が生え、清水も湧いていました・・・と。印旛沼は「千葉県北西部(成田市〜佐倉市〜印西市)にまたがり、独特の生活文化「印旛沼文化」を形成してきた。

画像
 「印旛捷水路」:北印旛沼と西印旛沼を結ぶ水路。お米店からここを通って「印旛沼公園」へ行く。


★スタート地点
印旛沼公園(師戸城跡)・・・豊臣秀吉の小田原城攻め時に、陥落した師戸城の跡。空堀などを残して整備した千葉県立公園。
画像
         展望台からの印旛沼を一望できる

画像
         散策路からの印旛沼眺望

画像
         公園内に「梅園・梅の里」が整備されていた。


印旛沼のほとりをサイクリング
画像
        サイクリングロード:もうすぐ花が咲く美しい桜の並木道路となる。

画像
      通称「印旛沼自転車道」標識:八千代市〜印旛沼〜栄町を通る全長27km。

画像
 臼井八景@「船戸夜雨」・・・雨の夜の船戸の情景・船戸は漁師の船着場であり、渡船場でもあった。

画像
 臼井八景A「瀬戸秋月」・・夕暮れ時、帆舟が凪いだ水面・・静かな秋の夜、遠い対岸から水面の月影は流れるかのように瀬戸の月が輝く。

画像
 これが伝統の「ボサラ猟」か?。「張網漁」、「船曳網漁」、「柴漬漁」、「竹筒漁」などの漁法があるらしい。

画像
 臼井八景B「遠部落雁」・・・遠部の砂浜に、列になって飛来した旅の雁が砂浜に舞い降り、長旅の疲れた翼を休めている・・・情趣ある風景。

「臼井八景」とは、印旛沼を取り巻く風景は、琵琶湖を背景にした「近江八景」と共通する。上記の他にC「飯野暮雪」、D「光勝晩鐘」、E「城嶺夕景」、F「州崎晴嵐」、G「師戸帰帆」が選ばれている。

画像
 昭和30年代からの人口増により、生活雑廃水で昭和60年代に水質悪化・・・・印旛沼は現在「全国湖沼水質ワースト1位」となって汚染に苦しめられ、悩みは深刻の様子。
印旛沼の水は千葉県民の上下水道や工業用水・農業用水に使われており、「印旛沼環境基金」の組織で、環境保全と水質浄化対策などに取組んでも、目に見えるほどの効果はなかなか大変らしい

画像
      「佐倉ふるさと公園」が見えてきた・・・・もうすぐ「チューリップ」まつりで賑わう

画像
        オランダ風車とシェアーガーデン


双子公園
画像
 双子のナウマン象彫刻が立つ。1万年前までアジア大陸に生息していたナウマン象、印旛村でもその化石が発掘され、アジア大陸と陸続きだった。

画像
     公園に築造の丘から印旛沼が一望できる。サイクリング道路も整備されている。

画像
       これは「定置網」漁猟のしかけ?・・・双子公園からの印旛沼

画像
 「ラーメンすずき」・・・双子公園の北側にある店舗。珍しい「カレーラーメン」を頂いた。サイクリングの方がよく立ち寄るお店らしい。

画像
 フォトギャラリー「いにはの里」:ラーメン店ご主人は、アマチュア写真家であり、サイクリストとして、「印旛沼の主」・・とか。食堂の壁全面に写真愛好家のギャラリー展示があった。

画像
 印旛沼サンセットヒルズの「幸せの鐘」:夕日の美しい丘に昨年秋に完成した新しい観光スポット

画像
 「幸せの鐘」から印旛沼を見渡すと・・・対岸には「佐倉の街」ユーカリが丘の高層マンション群。周辺の人口増加に伴う生活雑廃水が印旛沼水質悪化の原因。

画像
 増田家住宅:近くの「佐倉くさぶえの丘」に隣接、130年前に建築された茅葺屋根の農家住宅。


印旛沼甚兵衛渡し公園
画像
   江戸の将軍へ直訴する「惣五郎」を印旛沼の対岸へ送り届けたのが「渡し守の甚兵衛」

画像
 「甚兵衛翁」碑・・・惣五郎を送った後、甚兵衛は印旛沼に身を戸投じた・・・と供養塔と石碑がある。



早春ゴルフ ひととのやカントリーゴルフ倶楽部
弟と一緒に、いつものメンバーと8日(水)、栃木県小山市で今年の初打ちゴルフを楽しんできた。
プレー後のビール反省会は、いつもの通り「健康談義と時事問題」・・・・とにもかくにも元気にゴルフできること事態に感謝しよう!・・との結論でお開き。

画像
         霜で凍ったパッティング練習グリーン

画像
         紅梅と白梅満開のスタートホール

画像
         紅梅満開のお休み茶屋の人気は「甘酒」

画像
         池超えの200Yショートホールに白雲

画像
         初夏のような白い雲



★アフリカで長年医療活動 級友・谷垣雄三医師が逝去
アフリカ・ニジェールで40年医療活動されていたが、7日病気のため現地で死去。妻の静子さんも眠るテッサワの自宅に埋葬された。
画像
 1992年私財を投じて医療センターを設立、2009年には「読売国際協力賞」を受賞。
社会的に高く評価され、充実した人生の幕を閉じたが、人生を精一杯生きられた。ご冥福を祈ります。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
臼井八景を廻ってきました。
写真の上のカーソルがの場合はクリックすると拡大します。 より大きな地図で臼井八景 を表示→ポチッ (クリック)私が住んでいる近くに印旛沼があります。その印旛沼の景観で臼井八景(うすいはっけい)と言われるものがあることを最近いただいたブログへのコメントで知り、さっそく自転車で日曜日(2011年10月9日)、八景すべて廻ってきました。臼井八景とは江戸から臼井村に隠棲した「信斉」と当時の円応寺住職であった「宋的」により中国の瀟湘(しょうしよう)八景にならって元禄11年(1698年)に印旛沼の美しい風... ...続きを見る
まっくろクロスケ
2017/03/11 21:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
印旛沼ものがたり」美味しい米を求めて...の道筋らしいが
愛車のサイクルも見えた、甘酒にラーメン、おいしそう
級友、谷垣医師の偉業の事は以前にも聞いたね...亡くなった..
生涯を貧困の地の医業に尽くされたと聞いた、立派な人だった
それにつけても国内の色々とゴタゴタは何だょ、頑張る..
島の悠さん
2017/03/11 16:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
「印旛沼ものがたり」 リタイア後の悠々スローライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる